Copyright 2017 BDC Holdings

BDC関係者様 (詳細お問合せください)
BDCのビジネスコアはなんですか?

人と企業とビジネスをマッチングするコンサルティング会社です。
国内外からクライアント様とお会いして毎月1回以上オフラインとメール等を通じたビジネスマッチングを行っています。

 

具体的にはどんなマッチングをしていますか?

ご紹介者様を介して事前にご希望を承りヒアリングを重ねてSWOT分析を行います。
その後、ご希望をお聞きした上でのマッチングを行います。

 

無料コンサルティングは可能ですか?

基本的にはご紹介者様を介して時間毎、日毎、月単位、四半期、半期、年単位以上に渡る有料のオフラインコンサルティングをデビッドベイドンチョルが日本語で行っております。
価格体系に関しては個別にお尋ねください。
 

BDCメンバーとアドバイザリーの違いは何ですか?

BDCメンバー様とはグローバルアジアで活躍ができる可能性があるごくわずかな企業事業主様が対象です。メンバー様が必要とするネットワークとしてデビッドベイが持つグローバルアジアネットワークと最新情報を共有できるごくわずかな方で、グローバルに成功なさる潜在性が高い方がBDCメンバー様です。
アドバイザリーご契約の方は、すぐに市場化できる可能性がある技術やプロジェクトを持つ企業主様が具体的な商材やご自身の総販売権等をご提示いただき、BDCが機密で国内を含むグローバル化展開するケースを望む方のための目的をお持ちです。いずれもBDC独自の信用調査を経た方のみがご契約いただけます。メンバー様、アドバイザリー様は、いずれも非公開ですが、21社と限定させていただいております。
BDCパートナーとBDCアライアンサーの違いは?

高い専門性をお持ちで相互に関係性を持つべきだと考えた企業様をパートナー様あるいはアライアンサー様と位置付けています。
パートナー様とは一定分野のご研究と汎用テーマを持つ専門企業様である可能性が高く、アライアンサー様とは一定市場を相互に販促できる可能性が高い企業、団体あるいは個人との関係性を定義付けしています。

BDCの拠点とネットワークは?

日本、韓国、中国、さらにASEANがビジネスの中心ですが、さらに海外拠点を広げてゆく準備をしています。ベンチャーキャピタル、ファンド等に関しては米国等にも提携先がございます。
デビッドベイの活動については?
日本、韓国、中国、アジア圏からの著名大学客員教授職、名誉ある顧問職、執行役員職、講演活動、出版、TV出演等を多くの著名企業様、財団法人様よりプロデュース、グローバルビジネスデザインのご依頼をいただいております。基本的には、デビッドベイとBDCに所属いただいているスペシャリストが得意とする環境、エネルギー、医療、メディア関連、教育、IT、ICTxIoT関連のみに限定して、BDCは承ることを検討させていただいております。
BDCの役員は?
BDCの役員は全員が「2030年富の未来図」に共鳴しているデビッドベイのグローバルアジアの平和的なビジネス融合に共鳴している専門職性が高いインテリジェンスパートナーです。CEOの加茂えおりはデビッドベイのビジネスパートナーで株主です。加茂は、半官半民のフランス大手グループ商社を経てラグジュアリーブランドの広報担当、米国グローバルファッション誌編集者、ライフスタイル誌の副編集長を経て、グローバルブランド企業の海外担当と知財管理職を経て独立。前職から派生した複数の顧問職を得ることができたため、その先の関連企業でデビッドベイとの出会いがありました。その後、デビッドベイの代表的著書「2030年富の未来図」に共鳴し、2011年秋にデビッドベイからビジネスパートナーになることを希望された加茂は迷わず、顧問職等を辞任致しました。2012年1月には、BDCの前身ビジネスをデビッドベイの広報チームのひとりとなり軌道に乗せ、同年9月21日のデビッドベイ自身の誕生日には、デビッドベイの知財を預かり、正式にBDCホールディングスとグループ会社を立ち上げ、CEOとして今に至っております。加茂のミッションは「デビッドベイとBDCメンバー様とともに平和的なグローバルプラットフォームを築くこと」で、これを叶えるために起業以来、未来型のビジネススタイルでデビッドベイのサポーター型CEOとしてノンストップで楽しく働いているそうです。
​Q)
​A)
​Q)
​Q)
​Q)
​Q)
​Q)
​A)
​A)
​A)
​A)
​A)
​Q)
​Q)
​A)
​A)

BDC よくある質問